井手英策さんのような専門家がこの問題に取り組んでいることは、教育現場における課題を真剣に考えようとする姿勢の表れだと感じます。私たちもそのような視点で教育について考えることが大切なのではないでしょうか。




<関連する記事>



「親が宿題を代行」したのに先生が怒らなかった納得の理由 教育現場は「正論」しか選択してはいけないのか
…財政社会学者の井手英策さんは、ラ・サール高校→東京大学→東大大学院→慶應義塾大学教授と、絵に描いたようなエリート街道を進んできました。が、その歩みは…
(出典:東洋経済オンライン)

<Xの反応>


OOEKUROSHIOおおえくろしお🐧音楽やエンタメのお陰で日々が明るいです
@ooekuroshio

「親が宿題を代行」したのに先生が怒らなかった納得の理由 教育現場は「正論」しか選択してはいけないのか(東洋経済オンライン) #Yahooニュース news.yahoo.co.jp/articles/adc3a…

(出典 @ooekuroshio)

raven
@r_number

> 自己責任で生きていくための前提条件である経済成長、所得の増大が困難にな なぜそれが自己責任の条件になるの? 例えば当時ですら、お母上は所得の増大が望めたの? 全て結果オーライの人が言う言いがかりに聞こえる。 「親が宿題を代行」東洋経済オンライン) news.yahoo.co.jp/articles/adc3a…

(出典 @r_number)

東洋経済オンライン
@Toyokeizai

自己責任の美徳が社会に深刻な分断を生み出している日本。それを変えるために大事な視点を、財政社会学者の井手英策さんが日常での気づき、実体験をまじえながらつづる連載第5回のテーマは「公平とは何か?」です。 ↓【「親が宿題を代行」を先生が怒らなかった納得理由】 toyokeizai.net/articles/-/751…

(出典 @Toyokeizai)