老人が自分の話ばかりをしたがる理由は、孤独感や社会的な孤立感からくるものかもしれません。高齢になると、身の回りの人々との交流が減り、友人や家族との会話の機会も限られてきます。そのため、自身の話をすることで、対話の中でのつながりや関心を感じることができるのかもしれません。





<Xの反応>


こいちろ⛵
@koichiro_nitta

老人はなぜ自分の話ばかりをしたがるのか  失敗学の教授が家族に指摘されてわかった自身の“勘違い” dot.asahi.com/articles/-/213…

(出典 @koichiro_nitta)

さきたま林檎
@tentonpuu

最後の2段落に深く頷く。 気を付けましょう。。。(自戒 老人はなぜ自分の話ばかりをしたがるのか 失敗学の教授が家族に指摘されてわかった自身の“勘違い” msn.com/ja-jp/news/opi…

(出典 @tentonpuu)

Koji Yoshida
@KojiYoshidak

老人はなぜ自分の話ばかりをしたがるのか 失敗学の教授が家族に指摘されてわかった自身の“勘違い” dot.asahi.com/articles/-/213…  歳を取ると新しいことを経験する機会が減ります。人に自慢できることが新たにできることはないので、元気だった頃の自慢の話をつい繰り返し何度もしてしまうのでしょう。

(出典 @KojiYoshidak)

仁科友里
@_nishinayuri

老人はなぜ自分の話ばかりをしたがるのか 失敗学の教授が家族に指摘されてわかった自身の“勘違い”(AERA dot.) ごめんだけど、こういう人若い時から自分の話しばっかりしてると思う。 #Yahooニュース news.yahoo.co.jp/articles/1f2d7…

(出典 @_nishinayuri)

栗原景(くりはらかげり)
@kuriharakageri

「自分が話題の中心にいないと気がすまない」、「特別扱いされたい」。よくわかるしそういう人を見たこともあります。自分もそうなりかけていたりするので、気をつけないと 老人はなぜ自分の話ばかりをしたがるのか 失敗学の教授が家族に指摘されてわかった自身の“勘違い” dot.asahi.com/articles/-/213…

(出典 @kuriharakageri)