「介護予防・日常生活支援総合事業の普及を進めるためにはどのような施策が必要だろうか」と考えると、情報の発信力を強化することが重要だと感じます。地域の新聞やポスター、ホームページなどで積極的に情報を発信し、関心を持ってもらえるような工夫が必要です。




<関連する記事>



介護保険総合事業、住民らの参加促進 厚労省検討会が中間整理案
 介護保険の「介護予防・日常生活支援総合事業」を充実させる方策を検討してきた厚生労働省の検討会は11月27日、中間整理案をまとめた。これまで普及しな…
(出典:福祉新聞)

<Xの反応>


福祉新聞
@fukushishimbun

介護保険総合事業、住民らの参加促進 厚労省検討会が中間整理案 fukushishimbun.com/series05/32625

(出典 @fukushishimbun)

「戦い続ける」ザオラルさん【JCP】🌈
@OneMoreChance99

プロの仕事から素人の助け合いへ 万博には出せるのに人間には金出さない 本当におかしい 介護保険総合事業、住民らの参加促進 厚労省検討会が中間整理案(福祉新聞) #Yahooニュース news.yahoo.co.jp/articles/01892…

(出典 @OneMoreChance99)

みかんの国のさくら
@iyokaigo

介護保険総合事業、住民らの参加促進 厚労省検討会が中間整理案 news.yahoo.co.jp/articles/01892… いつも思うのですが どうして「住民」が参加するなんて思うのでしょうね? 少なくとも、検討会の皆様は参加なんてされたこともないのでしょうに🙄

(出典 @iyokaigo)

あらさき美枝 大東市議会議員
@MieRight

明日の「大阪府内の介護保険・総合事業について検証するシンポジウム」で報告する内容をまとめていたら大東市のひどさにどんどん怒りが…。 みなさん、大東方式を広げないで。 #大東市 介護保険「卒業」がもたらす悲劇 あなたのまちが大東市と同じ失敗をしないために amzn.asia/d/gO1wDfJ pic.twitter.com/QPJRIu2VUY

(出典 @MieRight)